介・語・録
85歳父~夢と現実・昔と今が混在してきた「おもろい」語録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪山 登った
父「こないだ 大雪山に登ったら寒かったわ」

私「病院にいてるのに、登らへんやろ」

父「登ったで、ひできと」

私「いつよ?」

父「3日ほど前かな。そんで アラセさんて言う人が家に泊めてくれはった」

私「へぇー 誰それ?」

「大雪山の人や


・・・誰?(笑 夢の中で親切な人に出会ったらしい
あんぱん 買ってきてくれた
島倉千代子さん死去をテレビで見たらしく・・・

父「島倉千代子、死んだなぁ。わしと同級生や」

私「違うで、あの人まだ75やで。」

父「違うで(!)わしと同い年」

私「そぉう~?お父さんの方が年上やと思うけどなぁ」

「昔はよう、あんぱん 買ってきてくれたもんやけどな」

私「誰が?」

父「島倉千代子が。 昼の弁当とかない時。つぶあんとこしあんと」(2種類も!)

(えー!知り合いか? どうやら昔サラリーマンだった時代に戻ってる様子
誰かと勘違いしてる様子・・・たぶん 母と・・・笑)

ラーメン作った
病院の夕食は18時
私が行ったとき、18時5分

私「晩御飯は?」

父「もう、食べた」

私「ほんま。今日は早いやん」(ちょっと早すぎへんか?)

看護師さん「はーい、ご飯ですよ~」
(ほら、やっぱりまだやん!)

-ご飯食べ終わったあと-

父「昨日、ラーメンとうどん食べた」

私「ほんまに?いつ食べたん?」(ご飯は全部ゼリー状かピューレみたいになってるのん食べてはるのに
うどんとかラーメンとか 出たんやろか・・・)

父「ゆうべ。うどんはも一つやったなぁ」

私「昨日の晩ご飯にそんなん出たん?」

「違うがな。わしが夜作ったんや」

(うそやん~。ベッドの上でほとんど動いてないのにー うどんやらラーメンが
食べたいってことやね・・・)

母さん、どこ行った?
誤嚥性肺炎で入院して、そろそろ2週間・・・
入院前から、ちょっと やばい感じ になってたけど
ついに、恐れていたことが~

「そんで、母さんどこ行った?」

私「お母さん、天国行ったやろ?」

父「行ってないよ! 今日 おったもん」

私「どこにおったん?」

父「リハビリの部屋!」

2年前に天国に行った母が、リハビリの部屋にいたらしい・・・
父には、見えたんやろか。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。