介・語・録
85歳父~夢と現実・昔と今が混在してきた「おもろい」語録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永眠
母のところへ旅立ったので
これで おしまい。

スポンサーサイト
再開!
また、最近夢の中とほんとの時間が混在してきたみたい
こないだは私のことを「妹」と言い、
「おかあさん、最近どうしてんの?」
「だいぶ前に天国行ったやろ」
「おれ、それ聞いてへんわぁ」って会話

昨日は、「雪が欲しいなぁ、早く雪降ったらええのに」
と言い出し、

♪ゆーきの降るまーちを~
 ゆーきの降るまーちを~

だんだん声おっきくなりながら ご機嫌な感じで歌う父
85歳! 動かれへんけど、生命力はまだまだ強いらしい
しばらく お休み!
最近は、面白いことを言うこともなくなったので
介語録も ちょっとお休み
亀にえさやってくれ!
久しぶりにきた~!

夢の中で 亀を飼ってはったらしく

父「亀のえさないか?」

私「へ?亀?」

父「おぉ。その水槽におるやろ」(どの水槽~?ないけど~)

私「亀はいてへんで」

「えさやらなかわいそうやろ!」

・・・ごもっとも(笑)
見積もり!
最近は、だいぶ頭は普通に戻ってきてるけど
今日はひさびさに

父「フジ製作所に電話してくれ、見積書出してるし

私「今日は土曜日やから、休みちゃうかな~」

父「そうかぁ。はよ返事してもらわなあかんねんけどな」

・・・ってフジ製作所ははるか昔に父がやっていた機械設計の会社

今、自分何歳にもどってはるんかしら?(笑)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。